FC2ブログ

    軽自動車ハイブリッド

    軽自動車アルトエコと原付カブの組み合わせハイブリッドは日本的最強エコカーだ!
    2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月

    エブリイ5AGSリコール交換部品は中古部品?

    愛車スズキ・エブリィPC Limited(4WD,5AGS)が2018年11月1日発表のリコール届出番号4358対象車両と判明、先日リコールについて疑問に思った事や今後について検討しました。
    エブリイ5AGSリコールまとめ
    急げ!今ならエブリイ中古車30万円引き

    この調査で、あえてすぐリコール修理に出さず数年単位で遅らせて3%程度の故障リスクを負う事で、30万円程度の受益権を得られる事がわかりました。まぁリコールなのですから早く修理した方が良いのでしょうが、クラッチ板及びベアリング等クラッチ関連パーツや5AGS本体であるアクチュエーターが交換されるのですから、長く乗る方はあえて遅れてリコールに出す方もいらっしゃる事でしょう。

    今、EVERY(DA17V)/CARRY(DA16T)ユーザーはリコールに「すぐ出す」のか「数年後に出す」のか、二者択一を迫られています。対象車両にお乗りの方、もうお決めになりましたか?

    とまぁ悩む事はあれど、これでリコール調査は終了の予定でしたが、スズキ公式リコールページを読むと引っかかる表現がありました。それは・・・

    表現1
    (1)1.クラッチレリーズベアリング、クラッチレリーズフォーク、クラッチレリーズベアリングクリップを対策品に交換します。

    表現2
    (1)2.クラッチカバー、クラッチディスクを新品に交換します。

    表現1の「対策品」は8回であるのに対し、表現2の「新品」は2回使われています。対策品と新品では何が違うの?もしかして対策品とは回収したパーツをスズキ基準で組み直したリビルト品?つまり中古部品?新品パーツと区別する為あえて「対策品」としたの?新品なら「新品の対策品」と表現しても良いのでは?いや新品とはリコールとは関係ないけど交換する部品という意味では?妄想膨らみます。
    リコール交換部品は新品?

    もし対策品の意味がリビルト品もあり得る、という事ならば、先にリコールに出した人には新品パーツを使い、リコールで回収した中古アクチュエーターに対策部品を組み付けてリコール後半車両に充てがう可能性だってあります。これは調査しなければ!という事でスズキ株式会社さんにお聞きしてみました。

    Q1.つい先日発表されたリコール届出番号4358について質問です。公式リコール詳細ページにおいて交換部品を「新品」と「対策品」の2つの表現で使い分けています。対策品とは問題対策されている部品なのは理解できますが、全て新品部品となりますか?それとも回収したパーツを再整備した中古部品の利用もあり得るのでしょうか?

    A1.対策品は全て新品部品です。中古部品は利用しません。

    これでスッキリ、表現1の対策品とは「新品の対策品」という意味でした。表現2の新品とは対策の必要が無い、リコール前と同じパーツに対して使っていたという事ですね。

    という事で今回は考えすぎでした。スズキさん、妙な質問でご迷惑おかけしました。ご回答ありがとうございました。

    2018年11月上旬エブリイ5AGS実燃費は20.7Km/L

    スズキ・エブリィPCリミテッド(DA17V/4WD/5AGS/2nd発信モード付き)の実燃費記録、今回は2018年11月11日の記録となります。過去の記録はエブリイDA17V燃費記録カテゴリです。

    本給油期間は高速道路や長距離が無く、いつもの利用状況である札幌市内営業活動+2名乗車での市内中央区への送迎が殆どでした。

    <車両>
    スズキエブリイ PCリミテッドDA17V
    4WD5AGS2nd発進モード付き
    JC08モード燃費 19.0Km/L

    <走行条件>
    走行期間:2018年10月27日~11月11日
    期間中の気温+2~+20度
    走行場所 北海道札幌市内
    中央区円山+白石区東札幌で約40%、その他市内全域
    ドライバーは私が100%
    乗車人数は1人70%,2名20%,3名10%
    5AGSの2nd発進率100%
    4WD走行0%
    エアコン利用率0%
    ファン利用率0(未利用)80%、1(最弱)20%
    純正オーディオ利用率0%
    ヘッドライト点灯走行率20%
    カーナビ利用率10%
    ドライブレコーダー利用率100%
    ETC車載機常時通電
    夏タイヤ100%(エコピアR680)
    コースティング走行 積極実行
    エンジン暖気 5秒以内
    重量物の積載 無
    高速道路利用 無
    長距離や峠道 無
    燃費の伸びる条件の良い道路割合約30%
    →豊平川河川敷/盤渓/御料札幌線等

    <結果>
    走行距離701.6km
    ガソリン給油量33.95L
    メーター平均燃費20.9km/L
    満タン法実燃費20.7Km/L(誤差0.2)
    JC08モード燃費達成率109%
    エブリイ5AGS燃費2018年11月11日

    今回の実燃費はリッター20.7キロでした。札幌市平地での初雪が今年は例年の10月20日頃に比べ遅く、未だに夏タイヤECOPIA R680+良好な路面状況が低燃費に寄与しています。明日スタッドレスタイヤへ取替予定、予想以上に引っ張った夏タイヤもいよいよ終了。R680ご苦労さまでした、グリップ燃費共に申し分無い良いタイヤですね。

    冬タイヤへの交換は同時に異音地獄の始まり、大ハズレエブリイPCリミテッドを引いた私にとってこの先半年の低気温期は大げさでなく走行自体が苦痛そのものであり、考えただけで気が重くなります(まだ夏タイヤだというのに気温+10度以下になると異音増して来ました)。

    DA17V型エブリイの車体は私の様にハズレ車両だと「これが現代の日本車なのか?」と絶叫したくなる位酷い作りであり、どこらじゅうの窓(本当に1つではなく運転席・助手席・リアスライドドア左右の全て!)からカタカタコトコトガタガタガタッという不快な異音が新車購入一日目から鳴っています。そして不快な異音はディーラーさんでも修理不可能、直す事が出来ないのです(私は3週間入院してもダメでした)。
    エブリイ不具合1 | ドア異音
    エブリイ不具合2 | ダッシュボードと窓の異音
    DA17Vエブリイは燃費良し車体悪し

    スズキさん、先にリコールするのは異音なんじゃないの?これ絶対おかしいって!

    スズキ株式会社は情報隠蔽体質、安全性に関係ない異音問題対処するとは思えませんが、どうかユーザーの苦しみもご理解いただき異音問題善処いただけます様、強くお願い致します。

    急げ!今ならエブリイ中古車30万円引き

    前回は5AGS搭載エブリイDA17VキャリィDA16Tリコールについてまとめました。メーカー質問の結果、リコール(4358)未実施でも車検が通る事や、対応期限は存在しない事が判明しました。
    エブリイ5AGSリコールまとめ
    エブリイリコールで30万円引き?

    さて時は7年後の2025年、エブリイ中古車市場はどうなっているか?想像してみました。



    ヤフオクの場合
    ケース1
    タイトル:スズキ・エブリイ5AGSリコール済、絶好調
    年式  :2016年
    現在状態:走行距離10万キロ
    リコール:3万キロ時に済
    説明文 :型式DA17Vエブリイ5AGS、距離は10万km走っていますが、2018年12月3万キロ走行時に5AGSやアクチュエーターのリコール交換を実施しましたので落札者様は面倒なリコール手続きが不要で安心してお乗りいただけます。
    落札価格:10万円

    ケース2
    タイトル:スズキ・エブリイ5AGSリコール未実施
    年式  :2016年
    現在状態:走行距離10万キロ
    リコール:未実施
    説明文 :型式DA17Vエブリイ5AGS、距離は10万km走っていてクラッチ交換がそろそろ必要です。リコール届出番号4358を未実施なので落札者様にはご面倒をお掛けしますがリコール手続きをお願いします。リコール作業は最大11時間かかりディーラーに2日預ける必要がありますが代車が出るので安心です。リコールにより5AGS関連部品(クラッチ板、アクチュエーター等)が交換となります。クラッチ板は交換費用7万円、アクチュエーターは交換費用24万円ですから合計約30万円分の部品交換を無償でしてくれるので、この先10万キロは安心して乗れると思います。
    落札価格:30万円


    中古車販売店の場合
    ケース1
     エブリィの安い中古が欲しいんだけど。
     それならエブリイの中古でいいのがあります!2016年式で10万キロ走ってますが、リコールも済んでるし調子いいですよ。クラッチ板交換がそのうち必要かもしれませんが、まだ先だと思いますよ。価格は30万円です。
     それなら安心、この車にします。

    ケース2
     エブリィの安い中古が欲しいんだけど。
     それならエブリイの中古でいいのがあります!2016年式で10万キロ走ってますが、リコール未実施なのでお客さんが好きな時にスズキディーラーに持ち込んでリコール修理してもらえば、クラッチ板含む関連パーツとアクチュエーターなど合計30万円程度の部品が無料交換されるので、先々安心ですよ。リコール作業に2日程度かかってしまいますが、代車も出ますし。リコール未処理車って実はお得なんです。価格は30万円です。
     それはお得だ!この車にします。



    ヤフオクの場合、ケース2の出品者はリコールに出さなかった為に20万円高く販売出来ました。
    中古販売店の場合、ケース2の客は30万円相当の部品交換を自分の好みのタイミングで交換可能なので長い目でみれば安心かつ安価に購入出来ました。

    一般的に自動車メーカーがリコール公表後、ユーザーは安全の為できるだけ速やかにリコールを実施すべきです。今回のリコール対象車両数はスズキのみで156,168台。OEM供給の日産クリッパー/マツダスクラムバン/三菱ミニキャブバンを含めると26万5479台。
    この台数に対して不具合発生件数は1,381件で内訳は下記。

    1.クラッチレリーズベアリング破損→584件
    2.AGSギヤ位置検知部品アンチローテーションピン破損→117件
    3.AGS変速部品セレクトピストン破損→434件
    4.AGSクラッチケーブル破断→163件
    5.4WDAGS制御ワイヤハーネス損傷→5件
    6.AGSセレクタアッシコネクタ短絡→78件
    ※公式資料(PDF) 国土交通省リコール情報

    今回のリコールによる不具合発生確率を計算すると

    1,381÷265,479=0.0052

    つまり現時点では0.5%の確率で不具合が発生しています。しかし同じ車両が上記1~6の症状を複数発生している場合もあるでしょうから、現実には0.5%以下でしょう。又、現時点での確率ですから、あと7年もすれば更なる経年で2~3%程度に上昇する事でしょう。

    すぐにリコールに出して「安心だけど損をする」選択をするか?それともリコールを先送りして「3%のリスクを背負って得をする」選択をするのか?どちらを選ぶのかはエブリイユーザーである皆様の判断次第。
    今回のリコールがタカタエアバッグの様な車検未通過になる程の重大な不具合で無い事を考えると難しい判断。あなたならどちらの道を選びますか?いづれにしてもこれだけは言えます。

    5AGS搭載エブリイ中古車検討中の方!リコール未対応中古車は30万円値引きと同価値。中古車業者が価値に気付き値上げする前に購入すべし!

    エブリイ5AGSリコールまとめ

    スズキ株式会社は国土交通省に型式HBD-DA17Vのスズキ・エブリイ及びEBD-DA16Tのスズキ・キャリィのリコールを届け出ました。リコール届出番号4358、情報公開日は2018年11月1日、リコール開始日は11月2日です。
    エブリィ5AGSリコールで無償クラッチ交換

    スズキ公式エブリイ、キャリイのリコールについて
    レスポンススズキ エブリイ など5車種26万5000台をリコールAGS不具合で走行不能となるおそれ

    一昨日たまたま忘れていたスズキ安心メンテナンスパック更新の為、スズキアリーナさんに行ったばかり。その時は何にも言ってなかったので、まさか愛車がリコール対象とはびっくり。

    リコール届出番号4358の内容は多岐にわたりますが、エブリイ/キャリィの中でも5AGS搭載車のみ、かつアルトやラパンの5AGS車両は含まれず。内容はおおよそ次の6点。

    1.クラッチレリーズベアリング破損
    2.AGSギヤ位置検知部品アンチローテーションピン破損
    3.AGS変速部品セレクトピストン破損
    4.AGSクラッチケーブル破断
    5.4WDAGS制御ワイヤハーネス損傷
    6.AGSセレクタアッシコネクタ短絡


    上記1~6番に対応した対策は下記です。

    1.クラッチレリーズベアリング、クラッチレリーズフォーク、クラッチレリーズベアリングクリップ、クラッチカバー、クラッチディスク、防水カバー取付、AGSアクチュエータを交換
    2.AGSアクチュエータ交換
    3.セレクトピストン交換
    4.AGSアクチュエータ交換、クラッチケーブルアンカ交換
    5.ワイヤハーネス交換
    6.セレクタアッシ、インパネハーネス交換又はインパネハーネス防水対策実施


    スズキサービス工場の方達にとっては大変面倒な作業である事が予想できます。クラッチ関連パーツやアクチュエーター交換ですからミッション下ろすんじゃ?年末は地獄の忙しさでしょうね。

    ユーザーにとってもリコールって面倒で嫌なはず・・・と思いがちですが何と!今回のリコールで交換される部品の中に、消耗品の中では高額な部類のクラッチ板が新品になるではないですか!本リコール内容で苦労された方には申し訳ないのですが、これってひょっとしてリコール史上最大のお得リコールなんじゃないのか?

    だって5AGSのクラッチ交換は先日調査した通り、6~7万円かかる訳ですし。
    5AGSクラッチ交換の疑問

    更に本リコールはアクチューエーターまで交換するとの事、こちらも先日調査した所、アクチュエーター交換費用は24万円程度かかりそうな事が判明したのですから。いくらアクチュエーターは保証が標準5年又は延長6年付いていたとしても、それ以降故障したら乗り換えるレベルの部品が無償交換になるのはユーザーにとってメリット大と言えます。
    5AGSアクチュエーター故障は保証対象

    ならば!今すぐリコールに出すのは損なのでは?と思いませんか?でもそんな事出来るの?リコールっていう仕組みもよくわからないなぁ・・・スズキさんにお聞きしてみました。



    スズキ株式会社への質問

    Q1.リコール費用はかかりますか?
    A1.かかりません、無償となりますのでご安心下さい。

    Q2.作業時間はどの位ですか?
    A2.最短4時間、最長11時間を想定しています。しかし車体状況により変動する事もあります。

    Q3.代車は無料ですか?
    A3.スズキとしてはお答えしかねますので、ディーラーさんと相談して下さい。

    Q4.リコールに出す日程はユーザーが決められるのでしょうか?
    A4.リコールに期限はありませんので、ご希望の日程をご相談下さい。しかしトラブルの元なので、できるだけ速やかに実施していただけます様、お願い致します。

    Q5.リコール修理しないままで車検は通りますか?
    A5.過去タカタ製エアバックリコール時は未対応車両は特例として車検に通りませんでした。しかし今回のリコール内容は、未対応状態でも車検は通ります。

    Q6.過去に有償修理した人への返金はありますか?
    A6.ディーラー(代理店)のコンピュータに履歴が残っていたり、整備記録の書類をお客様がお持ちの場合、返金は有り得ますので、修理したディーラーへご相談下さい。



    おおよそ予想通りの回答でしたが、作業時間は二泊三日以上の入院かな?と思っていたので意外と短時間なんだなと思いました(とはいえMAX11hですが)。

    で、愛車の場合、走行距離約3万。ここまでで消耗したクラッチ板が無償で新品になるのですからありがたい反面、クラッチ板の耐久性も知りたかったので残念な気持ちもあります。リコール修理は先送り出来る事が判ったので、いっそリスクを取ってクラッチ板の消耗が進んだ10万キロ程度になってからリコール修理に出しても良いのかもしれませんね。

    今回のリコール、何故同じR06A型エンジン+5AGSなのにエブリイ/キャリィが対象で、アルト/ラパンは対象外なのか?詳細は不明ながら下記の過去動画を見返してみると、エンジンがエブリイキャリィの縦置きに対し、アルト/ラパンは横置きであり、パーツ配置なり防水性が事なるからかもしれませんね(アルトエコ動画はCVTですが参考として)。

    エブリィDA17V


    アルトエコ


    最後にスズキ株式会社さんへのお願い。不評が多い反面、運転の楽しさや街中営業利用でもカタログ燃費比100%以上を楽にクリア出来る圧倒的低燃費(更に工夫すれば市街地利用でもカタログ燃費比120%以上も簡単)でファンも多い5AGS、今回のリコールにより廃止の方向ではなく、例えばニュートラルギア惰性走行を利用したコースティング走行モード実装や6AGS等、更なる発展を期待しています。整備士の皆様、頑張って!

    参考動画 5AGS動作状況


    ※リコール関連記事
    急げ!今ならエブリイ中古車30万円引き
    エブリイ5AGSリコール交換部品は中古部品?

    2018年10月下旬エブリイ5AGS実燃費は20.0Km/L

    スズキ・エブリィPCリミテッド(DA17V/4WD/5AGS/2nd発信モード付き)の実燃費記録、今回は2018年10月27日の記録となります。過去の記録はエブリイDA17V燃費記録カテゴリです。

    本給油期間は高速道路や長距離が無く、いつもの利用状況である札幌市内営業活動+2名乗車での市内中央区への送迎となります。

    <車両>
    スズキエブリイ PCリミテッドDA17V
    4WD5AGS2nd発進モード付き
    JC08モード燃費 19.0Km/L

    <走行条件>
    走行期間:2018年10月7日~10月27日
    期間中の気温+5~+20度
    走行場所 北海道札幌市内
    中央区円山+白石区東札幌で約40%、その他市内全域
    ドライバーは私が100%
    乗車人数は1人80%,2名20%
    5AGSの2nd発進率100%
    4WD走行0%
    エアコン利用率0%
    ファン利用率0(未利用)80%、1(最弱)20%
    純正オーディオ利用率0%
    ヘッドライト点灯走行率20%
    カーナビ利用率10%
    ドライブレコーダー利用率100%
    ETC車載機常時通電
    夏タイヤ100%
    コースティング走行 積極実行
    エンジン暖気 5秒以内
    重量物の積載 無
    高速道路利用 無
    長距離や峠道 無
    燃費の伸びる条件の良い道路割合約20%
    →豊平川河川敷/盤渓/御料札幌線等

    <結果>
    走行距離673.3km
    ガソリン給油量33.60L
    メーター平均燃費20.2km/L
    満タン法実燃費20.0Km/L(誤差0.2)
    JC08モード燃費達成率105%
    エブリイ5AGS燃費2018/10/27

    今回の実燃費はリッター20.0キロ、まだ夏タイヤなのに最近の株価の様な急落。原因は気温低下も多少ありますが、本給油期間の夜間/雨天走行の多さ。電力消費の大きいワイパー稼働率上昇、曇り除去の為ファンを20%程度と多く利用した事、ライト点灯もいつもより10%程度多く利用等の電装品利用増大に伴う燃費悪化です。

    電装品利用での燃費悪化率は下記燃費実験の通り極めて大きいのですが、安全性を損なう節電はNGですから止む無しですね。
    燃費実験05 | エブリイ電装品燃費悪化編

    北海道札幌市の昨年(2017年)初雪は10月23日で一昨年は10月20日。もう市内で雪が降ってもおかしくない時期になりました。次回は夏タイヤ+冬タイヤの混合燃費記録になりそうです。

    タイヤ交換って面倒で気が乗らないものですが、今年は既に手元にある商用スタッドレス最強タイヤブリザックVL1+エブリィDA17V/キャリーDA16T専用最軽量(3.9kg/1本)ホイールヴィセンテ04CAへの交換がいろいろな意味で楽しみです。